当社の品質と他社との違いについてお伝えしているページです。

当社の品質と他社との違い


この業界では、品質が良いことは当たり前のことだとは思っておりますが、当然のことながら、品質に関しては他社に負けない自信があります。それよりもお客様が求めていることは、それプラスαのものではないでしょうか。

例えば、弊社であれば他社でお断りされる様な製品でも即座に対応できますし、どの品種でも質が高く他社に負けない自信があります。

その中でもお客様に特に喜ばれているのは、下地なしでステンレスに対して直接金メッキを施せる技術です。

通常であれば、メッキ下地をつけてから、金メッキ加工をするのが一般的ですが、弊社では下地なしでステンレスに対してダイレクトに金メッキを施すことができます。一度、この技術を評価して頂いたお客様は、驚かれる方も多くいらっしゃいます。

また、マスキングの技術も定評を頂いております。弊社ではマスキングをしてそのままメッキ加工できる、マスキングテープマシンがあります。

この技術は、製品にマスキングテープを貼り、必要なところだけメッキ加工を施す技術になります。以下の画像の技術になります。


また通常の金メッキ加工の場合、製品としては使わないところにも金が付いてしまうため、一つ、一つの単価がとても高くなってしまうことがあります。また、治具方式ですと治具完成までに1ヵ月以上掛かってしまうこともあります。

※弊社では治具方式での加工も行っておりますので、その都度最善の加工方法をご提案させて頂いております。

ですが、弊社のマスキング技術を使えば、加工を施すところの寸法さえ分かれば、テープだけを貼ればいいので、すぐに納品することが可能になります。

また、金メッキを使わないところにマスキングを貼ることによって、金を使う量を圧倒的に減らすことができるので、単価に反映された時にその分、安価でご提供することも可能になります。


また、弊社ではプレス加工されているものでもマスキングが可能で、様々なタイプのものでも対応することが可能です。

また、マスキングの技術は持ってるけど、プレス加工後のものはできないとか、板に対しては貼れるが加工品には貼れないとか、固定のものしかできないとか、全面張りしかできないとか、その会社様によって異なるようですが、 弊社では、その全てに対して対応することが可能です。

また、弊社ではリールとコイル、バランス良くメッキ加工を請け負っておりますので、プレス加工後へのメッキ加工だったり、コイル材へのメッキ加工のどちらも対応することができるので、そこも他社様に比べて強みだと思っております。

また、プレス加工品とコイル材を両方同時に、同じラインで出来ることも強みだと思っております。こちらは、横浜工場でも埼玉工場でもどちらでも可能です。よく、この加工はできるけど、このような加工はできないという、メッキ業者さんは多くあります。

例えば、コイル材は加工することができるが、プレス加工後の加工はできないとか、コイルが大きいものや厚みのある物はできないとか、薄物への加工は難しいとか、その業者さんによって対応がバラバラのように思います。

しかし弊社では、厚みのあるものや薄いもの、細いワイヤーのようなものから、幅広い板材のものまで、これらほとんどに対応することができます。

また、ご相談頂いたお仕事は基本お断りすることはあまりしません。本当に経験がない、持ってないメッキ加工となるとお断りすることもありますが、材質や板厚で直ちにお断りすることはほとんどありません。

ただ弊社でも、出来ないメッキ加工が御座います。それは、フープ鍍金になっていない品物で、バラ部品のメッキなどはお請けしておりません。

ですが、品質もとても大事ですが、その中で弊社が大切にしているのは、製造業ではよく起きてしまう、何かしらのトラブルが起きたときにいかに早く対応できるか、ここが大切だと思っています。

例えば、人的なミスや機械トラブルで、納期が遅れることが分かってしまった場合、いかに早くお客様に報告するか、そして、そのミスをいかに挽回できるか、その時の対応が大切だと考えております。

このような場合、対応が遅いとお客様も当然困ってしまいますし、そういう時の迅速な対応が弊社の強みだとも思っております。

また弊社では、自社で解析設備を設けていますので、何かあったとしてもすぐに自社で確認できる、解析機器があります。

これにより、何か問題が起きた場合、外部に投げるのではなく、自社ですぐに検査、問題を発見することができるので、圧倒的な時間短縮に繋がります。

よく大手などですと、手続きとか順番待ちがあったりして、すぐに対応できるところが少ないです。その結果、納期が大幅に遅れてしまうことにより、経済的な損失が出てしまうことがよくあります。

このようなことを防ぐために、いかにお客様に対して正直に話し、すぐに対応して遅れを挽回できるかが、お客様の信頼に繋がると思っております。

もし現在、このようなメッキ加工をして欲しいが受けてくれるところがない、試作品を作りたいがどうしたらいいか悩んでいるなどのお悩みがある方は、まずは一度弊社にご相談ください。出来る限りのご提案をさせて頂きます。




上に戻る
Copyright © 2020 藤田鍍金工業株式会社【公式サイト】 All Rights Reserved.