藤田鍍金工業株式会社、代表取締役、藤田直樹の挨拶ページのご案内です。

代表挨拶

当サイトにお越し頂きまして、ありがとうございます。藤田鍍金工業株式会社、代表取締役の藤田直樹です。

私は平成25年2月に先代より会社を引き継ぎ、代表取締役に就任させていただきました。

藤田鍍金工業は昭和34年に開業して以来、おかげさまで今年で60周年を迎えることができました。

これも何より、私達を支えて下さったお客様のおかげだと思っております。本当に感謝しております。

私達、藤田鍍金工業が一番得意としているメッキの技術は、現代の私たちの生活になくてはならない存在です。実に多くの電気部品、および電子機器にメッキは利用されています。

「テレビ」、「スマホ」、「車」、「デジカメ」、「パソコン」、「FAX」、「プリンター」「ゲーム機」など、実に多くのメッキ製品が今の日本の暮らしを支えています。

私達、藤田鍍金工業はこのメッキ製品の技術を通じて、社会との架け橋になり、世の中の人達の生活を藤田の技術で今よりももっと良くする、少しでも社会の役に立つような製品を開発する、このような想いで仕事をしております。

そして、私が一番大事にしているもの。それは、「お客様の信用を心から得る」ことです。

信用というのは、製品の品質だけではありません。お客様のニーズに合わせた製品作り、納期をしっかりと守る、適正な単価設定、無理難題にもお応えする、お客様と一緒に成長していく、これらが合わさって本物の信頼関係を築くことができ、お客様の信用を得ることができると思っております。

昭和という時代は、良いものを作れば売れる時代でした。しかし、この激動の平成という時代は、それだけでは生き残っていくことは難しいと思っております。

お客様との本物の信頼関係を築き、人として繋がり一緒に成長していく、これこそがこれからの時代を生き抜いていくために一番大事なことだと考えており、社員一同にも私の想いを共有しております。

創業して60年、おかげさまで、これまでに「190社以上」のお客様にご満足頂いてきました。

社会は刻一刻と変化しています。その中で、確かな技術と本物の信頼関係をお客様と築き、変化を恐れない姿勢を貫いて、幅広いニーズにお応えする。

これらの姿勢を守り、ひとりでも多くのお客様に「藤田鍍金工業にお願いして良かった」と言っていただけるよう、社員一同日々頑張っていく所存です。

また、他社様でなかなか対応してくれないようなメッキ加工、敬遠されるような特殊な形状でお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

藤田鍍金工業はご要望に沿った、出来る限りの対応をさせていただきます。今後とも格別のご支援、ご愛好を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


●企業理念

1. 鍍金(メッキ)専業として、お客様にご満足いただける製品を供給することにより、産業界を通じ社会に貢献する。

2. 会社の繁栄とともに、従業員の生活向上に努める。

3. 社会のニーズに応え、限りなき発展と存続をはかる。





上に戻る
Copyright © 2020 藤田鍍金工業株式会社【公式サイト】 All Rights Reserved.